考え方について

試合において『自分勝手になってはいけない理由とは!?』

こんにちは!
今回質問室で多かった質問の一つで

  • 何を考えて試合をしていますか?
  • 試合で心がけていることは何ですか?

です。なので今回私自身が、試合中に心がけている事を簡単に紹介して行きたいと思います!

【絶対に失敗しない防具はこれだ!ミツボシ「天」4シリーズ徹底比較】ミツボシ 「天」の防具についての特徴や比較をしています! 新しい防具の購入を考えている人や、ミツボシ 「天」の値段について知りたい人にオススメの記事となっています。...

自分勝手になってはいけない理由

しつこく言いますが、絶対に自分勝手になってはダメです
自分勝手とは文字通り、自分が打ちたいときに勝手に打突してしまいます。
自分で思ってなくても、試合がパターン化してしまったりしている事もあります。

剣道の根本である相手が居て戦うという本質を失っています。
相手は自分の事を見ているという本質を忘れないようにしましょう。

  • 相手がどんな避け方をしてるのか
  • どんな打ち方をするのか
  • どんなタイミングで打ってくるのか
  • 速さはどうなのか

を貴方は理解する必要があります。これが「相手を知る」事に繋がります。
相手を知らずして、試合に勝つことが出来るのは相手との力の差が大きい時です。
相手と同じ力量であれば、相手を知ってそれに対して技を繰り出せる方が勿論強いですよね。

相手は次は何を打ってくるのかを予測する

予測に付いて簡単に説明していきます。
試合中に相手が自分に対してどんな行動を取っているのかを十分に観察していきます。
観察し、記憶する能力がなければ予測することは難しくなるので稽古で十分にトレーニングしましょう。

例えば、相手の攻めく前にガツガツくる選手だとしましょう。
その時に相手が入ってくる部分をイメージしてください。

『入ってきた!』と相手をみてから打突するのでは遅い
相手が入ってくる!』の瞬間で打突する

何が違うかわかりますか?

入ってきた!「現在」
入ってくる!「未来」

相手が入って来たのを見て打突ても審判は一本にしてくれません。

入ってくるのを予測して打つ事が大事です。

これはガツガツ入ってくる相手だけでなく、応じ技でも同じようなことが言えます。
相手がきた! と思って出鼻小手や、出鼻面、抜きどうを打ってもどうしても遅くなって、1本になりにくいです。
来るのを予測してください。

こちらの記事も参考にしてみてください!

『応じ技が打てない人向け』応じ技が打てるようになる方法『応じ技が打てない人向け』応じ技が打てるようになる方法 あなたは今このようなことを悩んではいませんか? 応じ技の打ち方がわか...
引き技・引き小手の打ち方、コツを大公開【10種類の引き小手を解説】引き技・引き小手について基本から応用まで解説しています。試合で使える細かいコツなども紹介しているので是非参考にしてみてください。引き小手と引き面を組み合わせるとより1本にしやすくなるので練習しましょう。...

まとめ

  • 自分勝手には絶対にならないこと。
  • 未来を予測する。

難しいと思いがちですが、絶対に相手にも癖があります。
どのタイミングでは避けるのかをみて、研究しましょう。

単に自分の試合を行うのではなくて、相手に対して何をすべきかを考えて試合をする事が大事です。
最後まで見てくださりありがとうございました。

超実践型竹刀!?完璧なバランスの竹刀を使いたい人に|抜刀斎と牙突剣道の竹刀で試合用の竹刀を探している人の為に、出来るだけお安く、抜刀斎と牙突を用意しました! 他にも色々な竹刀を取り扱っているので、気になる人はDM頂ければお返事いたします。超実践型竹刀、完璧なバランスの竹刀を使いたい人におすすめする記事となっています。竹刀を変える事で試合の内容も大幅に変わってきます。...
竹刀選びに失敗しない【剣道竹刀おすすめランキング】徹底解説竹刀選びで失敗したくない人向けに、おすすめランキングを付けてみました。安価な竹刀から高価な竹刀までまとめているので参考にしてみてください。竹刀はそれぞれ特徴があるので、自分の体や剣道スタイルに合った竹刀を見つけてください。...
RELATED POST
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。