その他

食事制限無しダイエット|食べるタイミングや種類が重要

今ダイエットとをしつつ、美ボディーを手に入れたいと言っている人がいます。

そこで私がスポーツトレーナーとして付き合っています。

ダイエット期間として、約1ヶ月から2ヶ月の間にどれだけ体型を変化させることができるのか挑戦します!

食べる量を少なくしようと思うな!

ダイエットをするにあたってまず食事は気になるところですが、食べる量を減らしてのダイエットはオススメしません。

食欲を抑えることは、欲求を我慢することになるのでストレスとなってしまうからです。

ストレスが溜まると続きしません。

しかし!
だからと言って、チョコレートやケーキ、お菓子など

なんでも食べていいと言うのは違います。

そこで!

大事なことは→食べる物を上手に選択しましょう。

お菓子が大好きな人も、お菓子の選び方を変えるだけで一気に体重も変化してきます。

例えば
チョコレートが大好きな人

LOTTEの商品でZERO ノンシュガーチョコレート

と言う商品があります。

糖質ゼロ、糖類ゼロの素晴らしい商品です。

また高カカオのチョコレートも流行っていて、ポリフェノールも摂取できることから大注目の商品です。

ここがポイント!
  ↓
食欲抑制効果もあるため、夕食の前に食べる事で暴食を抑えることができます。

 

また皆さんが知っている代表的商品、大豆バーの(SOYJOY)です。

しかし、おやつで食べるには気が引けますね。

そこで今私の中で美味しく、低カロリーの商品があります。

それが『クリーム玄米ブラン』です!

ザクザク食感が癖になる、カロリーも控えめな上ダイエット中に不足になる栄養も補うことができます。

ポテトチップスなどの高カロリー、塩分や脂質の多いものは食べないようにしましょう!

 

 就寝前にデザートを食べるな!

おやつを食べるのもタイミングをしっかり押さえておくと良いでしょう。

先ほども書いた通り

・ご飯を食べる前にカカオ70%以上のチョコレートを食べると食欲抑制効果により暴食を抑えます。

他にも

・トレーニング前におやつを食べることによって、トレーニングの栄養として活用する。

一番やってはいけない事

就寝前にお菓子やご飯を食べること。

例えば
朝にご飯を食べると、昼までに消化します。
しかし、寝る前にエネルギーをとってしまうと消化せずに余分のカロリーが蓄積されてしまいます。

また、眠りが浅くなったり肌にも影響することがあります。

 

無駄な脂肪ではなく高品質の脂肪に変える

無駄な脂肪とは何か。

動脈硬化や血栓、さらに高血圧や心臓疾患の危険性までも高めます。

一番厄介なのが良い脂肪にある善玉コレステロールを下げて行くで、悪い脂肪を良い脂肪に変えて行きましょう。

どうやって良い脂肪に変えるのか。

鮭、サバ、マグロ、さんまなどの魚を多く摂取する

・くるみ、アーモンドやナッツ類、を多く摂取する

・ゴマや大豆、亜麻仁油やオリーブを多く摂取する

逆に控えた方が良いもの。

クリーム

・ケーキ

・スナック菓子

・揚げ物など

意識して食事から変えて行きましょう。

まとめ

お菓子なども『摂るな!』と言われるとストレスが溜まるのでスナック菓子ではなく、低カロリーのお菓子を摂るようにしましょう。

また食べるタイミングもトレーニングの前や食事の前に食べるようにしましょう。

*絶対にやってはいけないのが寝る前に食事やお菓子を食べることです。

眠りが浅くなり肌の状態も悪くなります。

今までよりも食事にもっと気を使いましょう!

無駄な脂肪をできるだけつけないようにしましょう!

『摂取した方がいいもの』
『できるだけ控えた方がいいもの』

は上に書いているのでみてみてください!

最後まで見てくださりありがとうございました。

 

また東京の方でトレーニングを教えて行く予定ですので気軽にコメント頂けると幸いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。