稽古について

剣道の引き技打ち方|引き技の考え方を解説

こんにちは!しょうブロです!

『強くなりたい!
引き技が打てるようになりたい!』

こんな質問してくる人たちが多くいらっしゃいました!

では。

強くなるためには苦手な技を打てるようにするにはどうしたらいいのか・・・。
苦手な技の克服は練習するしかありません。

しかし練習内容によって、結果は異ります
引き技教えてください!と質問されても、引き技と言われると幅が広くて正直教えれません。

引き面なのか。引き小手なのか胴なのか。
または下がる部分なのか、打突する瞬間なのか、相手の気の吐かせ方なのか。踏み込み方なのか。

引き技だけでも分けると幅が広すぎます!
考えられるポイントはたくさんあります。

そのポイント全てを練習しないと毎回一本にできる打ちにはなりません!

まずは。。。

下がり方から! 九州学院の星子選手は打ってから下がっています!動画で確認して見てください!

 

ここが大事!?
 下がりながら打つ技は決まりにくい!

瞬間的な速さ、打ってから一歩目が早いとキレができて一本に見えます!

 

次に。。。

打ち方について!
相手に応じて技を出していますね。
手元をあげる相手の時はあげるのを予測して技を出す。

三所隠しされた!だから打てない。 

ちょっとまった!!
打てないんじゃ無く打たないといけない。

打たないと他の技も打てるわけがありません!

色々な相手がいます!
下がる相手もいるだろうし、崩してくるやつ、つばぜり合いがガチガチのやつなど

その相手に対して技を変える必要があるのです!

どれだけ引き面が上手くても手元をあげて面を避ける相手には勝てないんです!

 

皆さんはどれほど練習しましたか?

早く下がる練習しましたか?

色々なタイプに応じて技を出す練習はしましたか?

打った瞬間に一本いできるような打ち方の練習はしましたか?

まずは練習あるのみです!

練習したことにより出てくる悩みは出てきます!

その時にはまた細かく教えていきますのでDM待っています!



水戸葵陵高校も使用している体幹トレーニンで使われるロープです

バトルロープ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。